ラブローションはどんな物がある?選び方や使い方について解説!


パートナーとの性交渉の際に、より効果的な役割を担ってくれるラブローションですが、どのような物があるのでしょうか。
初めて購入する方は、何を基準に選べばいいのか迷ってしまう方もいるはずです。
今回は、ラブローションの選び方や使い方について、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。
 

ラブローションの選び方

ラブローションといっても、種類はいくつかあります。自分好みのタイプを選択し、より良好な関係を保つことが大切です。ラブローションの選び方について紹介していきます。

多く使用されるのは水溶性のラブローション

ラブローションで多く購入されているのが、水溶性のウォーターベースの商品です。コンドームと相性がよく、使い勝手がいいのが特徴になります。 ただラブローションに含まれている成分のオイルには注意が必要です。
オイルベースであれば問題ありませんが、ベビーオイルなどはコンドームが破損する原因になります。
破損する原因としては、ゴムの分子を油分が分けてしまう可能性があるためです。

またリップクリームの油分についても、コンドームを破損する原因になります。 ラブローションの選び方としては、ウォーターベースの物を選択する方が好ましいでしょう。

濡れ不足の解消は潤滑ゼリー(ローション)

濡れ不足を解消するためにラブローションを購入するのはおすすめできません。
厳密には潤滑ゼリー(ローション)が、濡れ不足を解消する商品になります。
ラブローションをデリケートな部分に使用してしまうと、かぶれやかゆみの原因になる可能性があるので、間違えて購入しないようにしましょう。

無添加やオーガニックが理想?

ラブローションは、肌に塗る物であることから、無添加やオーガニック成分の物がいいと考える方が多いでしょう。
確かに、無添加やオーガニック成分の物は、肌にもいいのですが、配合されている成分次第では、肌に合わないという方もいます。
そのため、ラブローションの選び方としては、品質を見極めて、自分の肌に合う商品を購入することが肝心です。

ラブローションの使い方

自分に合ったラブローションを購入した後、使い方はどうすればいいのでしょうか。ラブローションの使い方について紹介していきます。

使用する時は温度に注意

ラブローションをそのまま使用すると、直接体に塗ることから、冷たいと感じることがあります。冷たい状態で使用すると体にも悪いので、できるだけ常温にする方が好ましいでしょう。

使用した後はお湯洗い

ラブローションを使用した後は、お湯で流すように落とします。ウォーターベースの水溶性のラブローションであれば、ゴシゴシと石鹸で洗わなくても綺麗に落とすことが可能です。 購入する前に、成分をしっかり確認しておきましょう。

ラブローションと潤滑ゼリー(ローション)を間違えないこと

よくある間違いが、ラブローションと潤滑ゼリー(ローション)を勘違いして購入 するというケースです。
ラブローションは、全身に塗るようのローションであるため、デリケートな部分に使用することができないケースがあります。
性交渉の際の濡れ不足を解消するのであれば、潤滑ゼリー(ローション)がおすすめです。
用途を間違えて購入しないように、注意して購入するようにしましょう。

ラブローションの特徴を把握しておく

ラブローションには、いくつか種類があるため、用途に合わせて購入する必要があります。
水溶性の物であれば、使用した後は、すぐにお湯で流すことができるといった特徴があるので、よく検討しましょう。

またラブローションと潤滑ゼリー(ローション)を間違えて購入する方も多いので、違いを把握した上で購入することも大切です。
  • ミライカラーズのラブコミュニケーションの商品カテゴリのアイコン
  • ミライカラーズのセクシュアルサティスファクションの商品カテゴリのアイコン
  • ミライカラーズのセクシュアルヘルスケアの商品カテゴリのアイコン
カップル用バイブWeVibeの特集バナー
あなたは20歳以上ですか?
はい いいえ