キスマークをつけたい男性心理とは?体の場所によって意味が違う!

基本的に、男性が女性の体にキスマークをつけたいのは、彼女を他の男性に渡したくないなど、独占欲を満たしたいために行うと言われています。具体的には、どのような男性心理が働いているのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

 

 

首にキスマークをつける男性心理

首にキスマークをつける男性心理としては、服を着ていても目立ってしまう傾向にあることから、「浮気防止」や「独占欲の誇示」といった意味合いがあります。

狙ってキスマークつける男性も多く、見えやすい位置にキスマークをつけることで、他の男性が彼女を狙わないように防止する目的があるようです。

また首筋にキスマークをつけられている女性を見て、楽しみたいという欲求もあるかもしれません。

 

 

胸にキスマークをつける男性心理

胸にキスマークをつける男性心理としては、深い愛情を表現した気持ちや胸に対する執着心が表現されていることがわかります。また彼女が胸元の開いた服を着ないように、牽制する意味合いもあるでしょう。他の男性が、彼女の胸元を見ないようにするための計算高い行動ともいえます。

 

 

太ももにキスマークをつける男性心理

太ももにキスマークをつける男性心理としては、性的興奮を満たしたいという気持ちが表現されています。自分にしかつけることができないキスマークをつけることで、満足感や優越感を得たいという気持ちが表現されているのです。

彼女の太ももに自分のキスマークがあるというだけで、二人だけの秘密を作りたかったのかもしれません。

 

 

お尻にキスマークつける男性心理

お尻にキスマークをつける男性心理としては、お尻に対しての性的執着を表しています。特にお尻フェチの方に見られる行為と言われているのが特徴です。

お尻を愛している感情が強いことから、自分だけのマーキングを残したいという気持ちが表現されています。

 

 

出来るだけキスマークを避けたい体の部位

キスマークは第三者から見ると、最近セックスしましたと言っているようなもので、あまり目立つ箇所にはつけないことが大切です。

お互いの了承があれば問題ありませんが、キスマークを二人だけの秘密にして、普段は見えない位置にすることが重要になります。

女性の場合は、コンシーラーで隠すことができるのですが、男性の場合は基本的に消す手段が少ないと言えるでしょう。

キスマークをつける場合は、お互いの了承を得てから実践することをおすすめします。

 

 

キスマークの消し方と隠し方

キスマークを消したり、隠す方法とは、どのような手段があるのでしょうか。

 

キスマークを消す方法

キスマークを消したい時は、アザを取るように行います。キスマークは一種の内出血している状態なので、蒸しタオルを活用すれば、血行をよくして早く消すことが可能です。

他にも、打ち身・捻挫・内出血用のクリームを塗れば、キスマークを消すことができます。

 

キスマークの隠し方

キスマークは消えるまで、3日程度はかかると言われています。どうしてもキスマークを消したい場合は、スカーフやマフラーなどで隠したり、コンシーラーを塗ったりすることで、うまく隠すことが可能です。

小さいキスマークであれば、絆創膏で隠せば問題ありません。無理に消そうとすると、余計に消えるのが遅くなるので注意しましょう。

 

 

キスマークをつけたい男性心理は部位によって違う

キスマークをつけたいという男性は、体のどの部位につけたいのかによって、心理的な意味合いが異なります。

何らかの執着を持って表現していることが多いので、今回の情報を参考に、キスマークの位置を分析してみてください。