利用シーン別!ラブローションの正しい選び方と注意点

「ラブローションを使ってみたいけれど、私と彼が普段やっているセックスにはどんなラブローションが合うんだろう」「たくさん種類が多すぎて、選び方が分からない…」と、ラブローションを使ってみたくても選べないという人が多いのではないでしょうか?
激しいプレイに合うローション、挿入に合うローションなど適したシーンはラブローションによって様々です。
今回は、利用したいシーン別のラブローションの選び方と、使い分け方法についてご紹介いたします。

 

 

挿入前の前戯やマットプレイ

挿入前の前戯は、後のプレイを気持ち良くする為に大切な時間になります。
そんな前戯におすすめのラブローションは、ポリアクリル酸ナトリウムを主成分とした物です。
特徴として、“乾きにくさ”があるので、時間をかけた前戯に向いています。
業務用のラブローションもポリアクリル酸ナトリウムが主成分の物が多く、よく風俗店のマットプレイにも使われます。
ただし、膣内の水分を吸収する作用がありますので、挿入には不向きです。
ポリアクリル酸ナトリウムは、挿入以外での使用におすすめのローションです。

 

敏感肌にはポリクオタニウムがおすすめ

肌に優しい物を使いたい、または敏感肌だという方は、ポリアクリル酸ナトリウムに使用感が似ていてお肌に優しいポリクオタニウムが主成分の物がおすすめです。
水分を吸収する事がないので、挿入時にも利用できるプレイ全体で一貫して使えるラブローションでもあります。
また、摩擦を防ぐ能力に長けている為、性交痛のある女性にも適しています。

 

 

挿入時

挿入時にはグリセリンを主成分としたラブローションがおすすめです。
うるおい不足になる原因は、ホルモンバランスの乱れ・ストレス・急激なダイエットなど様々です。
さらっとした感触のグリセリン主体のローションは、挿入時にコンドームに付けてのスムーズな挿入に最適です。体液に似た感触と滑りやすさで、膣にも優しくおすすめのラブローションと言えます。
ただし、高濃度の物はお肌から水分を奪ってしまうというデメリットもあります。
肌荒れ・ニキビ・インナードライ肌の原因になる場合があり、保湿が過多にならないよう注意が必要です。

 

激しかったり、長時間のプレイになる場合

激しいプレイ・長時間のプレイにはシリコンを主成分としたラブローションがおすすめです。
滑らかな質感・長時間潤いを失わないという性質上、長時間の使用に向いているのが最大の理由です。
膣の皮膚はとても薄いので、皮膚をコーティングする性質のあるシリコンタイプは、性交痛のある方にも適しています。
ただし、シリコン製のラブグッズと併用する場合には、ラブグッズの劣化に繋がるので注意が必要です。もしシリコン製のラブグッズを使う場合には、シリコン以外のラブローションを使うなどして、工夫すると良いでしょう。

 

 

オーラルセックス(フェラなど)

オーラルセックスには、匂いや味が付いたローションがおすすめです。
匂いや味がついたラブローションには次のようなメリットがあり、オーラルセックスでのよくある悩みの解消に繋がります。

・パートナーの性器の匂いが気にならなくなる
・普段より良い雰囲気が出せて、マンネリ解消になる
・感度がアップする
・見た目がローションっぽくないので、もちあるきやすい
・食べてもいい成分で作られているので、安全性が高い
・パラベンフリーやオーガニック成分の物も多い

一方で、匂いや味がついたローションには次のようなデメリットも存在します。

・味・匂いが好みに合わない場合がある。
・賞味期限がある為、冷暗所において早めに使い切るように注意が必要
・粘度が少ない物が多い為、うるおいの補助としての役割には不向き

メリットとデメリットをよく考えて、パートナーと利用するラブローションについて相談してみましょう。

 

 

アナルセックス

アナルは膣と違って愛液が出ない上、その内側は非常にデリケートな粘膜で覆われているため傷つきやすいのが特徴です。
そのため、アナルセックスには、粘度が高く、乾きにくいラブローションを選ぶことがおすすめです。
様々な選択肢はありますが、一番アナルセックスに適しているのは、ハードなプレイに向いており、長時間乾きにくいシリコンを主成分としたラブローションです。

 

 

ラブローションを使い分けてもっと気持ち良いセックスにしよう!

ラブローションの種類による得意なシーンや選び方を把握して使い分ければ、パートナーとのセックスライフがより一層楽しいものになります。
是非パートナーと一緒に話し合い、吟味して、二人に合ったラブローションを選んでみてはいかがでしょうか?