感度を上げる方法とは?濃厚な時間を過ごすための秘訣を紹介!


女性は感度を上げることで、パートナーとの性交をより楽しむことができます。男性も、女性の姿を見て、より性的興奮を覚えることができるでしょう。

今回は、女性の感度を上げる方法について、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

 

デート当日の感度を上げる方法

デート当日に、感度をしっかり上げる方法を実践しておけば、いざという時により充実した1日を過ごすことができます。

デート当日に感度を上げる方法を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

ソルトバスで汗出し

感度を上げるためには、体を温めることから始めます。デート当日にバスタブに天然塩をいれたソルトバスで体の芯から温めて、汗腺から汗出汁していきましょう。

デリケートゾーンには、汗腺が集中しているため、汗出しすることで、気になる臭いを消してくれます。

女性のエチケットとして、臭いはできるだけ抑えておきたいところです。

ソルトバスは体を温めて感度を上げるだけでなく、体臭予防にも効果が期待できます。

 

デート当日は半日ノーパン

デート当日は、多くの女性が「勝負下着」を着けるでしょう。ただデザインを重視しすぎると、締め付けやムレが気になってきます。

そのため、勝負下着はぎりぎりまで履かず、ノーパンで過ごすことも大切です。

ノーパンでいる高揚感と、下着の締め付けがないことから、徐々に感度は高まっていくことが期待できます。

 

感度を上げる温めケア

女性が感度を上げるためには、体を温めることで効果が期待できます。どのような温めケアが期待できるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

 

ヨモギ蒸し

感度が悪い女性は、冷え性である傾向が高いと言われているため、日頃から体を温めるケアを行っていくことで感度を上げることができます。

その中でもおすすめなのが、「ヨモギ蒸し」です。ヨモギ蒸しは、よもぎと数種類の薬草から蒸気で下半身を中心に温めてくれるので、全身が温まり、汗が拭きだしてきます。

体がポカポカと温まることができれば、感度はアップしているはずです。

 

デリケートゾーンを集中的に温める

布ナプキンを使用して、デリケートゾーンを集中的に温めていけば、感度を上げるきっかけにすることができます。

冷えを感じる方は、布ナプキンを敷いて、ミニサイズの貼るカイロをショーツの外側に貼れば、しっかりデリケートゾーンを温めてくれるでしょう。

 

ウォーキングとスクワットで熱量アップ

体からの熱は、筋肉があれば発生すると言われています。そのため、ウォーキングとスクワットを集中的に行うことで、全身に筋肉がつき、熱量を向上させることが可能です。

1時間のウォーキングとスクワット50回を習慣的にしていけば、体は自然と温まります。

 

感度を上げれば女性としての魅力も上がる

体を温めることで、全体的に感度を上げることができるのですが、感度を上げることで得られる効果とは、どのようなことなのでしょうか。

感度を上げれば、パートナーとの性交の際に、刺激をより感じることができるので、より良い関係を築くきっかけにすることができます。

また男性としても、感度が良い女性の方が、性交の際に自信を持つことができるため、男性も嬉しい気持ちになってくれるでしょう。

感度を上げていけば、自然と女性としての魅力を向上させることができます。

 

出来る範囲で感度を上げる

今回紹介した感度を上げる方法は、全体的に体の熱量を上げることで、効果が期待できるものなので、自分が実践できそうな範囲で試してみましょう。

感度を上げることで、女性としての魅力を向上させて、パートナーとの仲もより親密になっていくことが期待できます。

ぜひ感度を上げる方法を試してみてください。