性交痛とは?原因や対処法について解説!


パートナーとの行為中に発生することがあると言われている「性交痛」とは、どういった症状なのでしょうか。

今回は、性交痛の原因や対処法について紹介していくので、参考にしてみてください。

 

性交痛とは?

性交痛とは、パートナーとの性交中に痛く挿入できなかったり、外陰部が切れる、行為の途中で痛くなるなどの症状が出ることを指しています。

痛みを感じる場所は、膣の入り口付近とおなかの奥の方、どちらかに分けられることが多いでしょう。

膣の入り口付近の痛みは、粘膜や皮膚が荒れていることや細菌に感染している恐れがあります。

奥の方の痛みは、子宮内膜症やクラミジア感染症などが原因の可能性があるので、早めに病院で診察してもらった方がいいでしょう。

 

性交痛の原因

性交痛は、様々なことが原因になることがあります。どういったことが性交痛の原因として考えられるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

 

ストレスや緊張

性交痛は膣潤滑液の分泌が不十分な場合に、潤い不足となり、性交痛が引き起こされる可能性があります。その原因として、ストレスやホルモンバランスの崩れが関係している可能性があるでしょう。

 

前戯が不十分

性交痛の原因として、前戯が不十分である可能性もあります。膣潤滑液は、性的興奮の高まりによって分泌されることから、前戯が足りていないと十分に分泌されていないかもしれません。

前戯が不十分な状態で挿入すると、摩擦で痛みが生じ、性交痛に発展する可能性があります。

パートナーと相談し、膣潤滑液が十分ではない時は、対応を考えてもらうことも大切です。

 

出産

出産した後は、ホルモンバランスが崩れる傾向にあるため、分泌液が減少し、性交痛を引き起こすことがあります。

分泌液が少ないと感じる時には、性交を辞めるといった対応が重要になってくるでしょう。

 

性交痛の対処法

性交痛が発生してしまった場合には、どのような対処法が有効なのでしょうか。詳しい対処法を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

潤滑剤

性交痛の原因は、膣分泌液が不足していることで発生することがあります。そのため、パートナーとの性交の際に、潤滑剤を使用すれば、痛みが生じる心配を軽減することが可能です。

また使用する潤滑剤によっては、パートナーとの行為がより深く親密になることもあります。

性交痛を緩和し、パートナーとの関係も良好のまま過ごしていきたいという方におすすめです。

 

前戯の時間を延ばす

パートナーとの性交の際に、前戯の時間を増やしてもらうことで、分泌液を促すことができます。それにより、性交痛の発生を抑制することができるでしょう。

しかし中には、ホルモンバランスの崩れが原因で、分泌液が不足しているケースもあるので、その場合は潤滑剤を使用することをおすすめします。

 

おもちゃを使う

大人のおもちゃは、性的興奮を促すきっかけにすることができます。そのため、分泌液を促し、性交痛を回避することに繋がる可能性があるでしょう。

ただホルモンバランスの崩れが原因の場合は、前戯の時間を延ばすといった対処法と一緒で、効果が期待できないケースもあります。

その場合は、潤滑剤とセットで利用すると、性交痛を回避することに繋がるでしょう。

おもちゃを使用することで、パートナーとのマンネリ化を解消することにも効果が期待できます。

 

性交痛は無理せずパートナーに相談

パートナーと気まずくなるのが嫌ということから、性交痛について我慢してしまう女性もいます。しかし性交痛を放置していると、症状が悪化してしまう恐れもあるでしょう。

早めの対策が肝心になるので、手軽な対処法としては潤滑剤の使用がおすすめです。

大人のおもちゃと組み合わせて使用すれば、パートナーと楽しい時間を過ごすことができるでしょう。