性交痛の原因は?潤い不足が関係している!


パートナーとの性交時に、痛みが生じるのが「性交痛」です。そんな性交痛は、どのようなことが原因で発生することがあるのでしょうか。

性交痛が発生する原因について紹介していくので、参考にしてみてください。

 

性交痛の原因

性交痛は、挿入時に潤いが足りていないと痛みが生じると言われています。性交時に潤いが足りなくなるのは、どのようなことが原因なのか、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

ストレスや緊張

女性は、ストレスや緊張などによって、ホルモンバランスが大きく崩れることがあります。ホルモンバランスが崩れることによって、膣潤滑液の分泌が不十分になり、潤いが不足してしまうのです。

膣潤滑液の分泌が十分ではないと、性交痛が発生する原因になります。

 

前戯が不十分

膣潤滑液は、性的興奮が高まると分泌されます。そのため、前戯が不十分である場合、摩擦が生じて性交痛の原因になるのです。

十分に前戯の時間を取ることで、性交痛が改善されるケースもあります。

 

出産

出産した後は、ホルモンバランスが崩れることがあるため、潤い不足に陥ってしまうことがあります。また会陰裂傷や会陰切開の痕のひきつれなどから、不安や緊張などが伴い、性交痛の原因となる可能性があるでしょう。

 

更年期

更年期になると、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が減少し、膣などの皮膚のハリや弾力が失われていきます。

潤い自体も不足してしまうので、性交痛の発生原因になることもあるでしょう。また性交痛以外にも、局部がヒリヒリしたり、かゆくなってしまうこともあります。

 

動脈硬化

血管壁が固くなってしまうと、性的興奮が高まったとしても、血管壁が開かずに、膣潤滑液が分泌されにくくなることがあります。

膣潤滑液が分泌されること自体が難しくなるケースもあるので、注意が必要です。

 

婦人科の病気

性交痛の原因として、骨盤内の腫瘍や炎症性疾患の可能性があります。婦人科の病気かもしれないと疑わしい場合は、婦人科を受診しましょう。

 

性交痛の原因は様々なことが考えられる

性交痛の原因は、基本的に膣潤滑液が不足していることが関係していますが、膣潤滑液が不足する原因には、様々なことが考えられます。

前戯不足や疾患、ホルモンバランスの崩れなどが、主な原因として考えられるので、症状に合わせて対策を講じることが大切です。

前戯不足などが原因の場合は、ラブグッズを使用したりして、膣内を十分に濡らすことで、性交痛が発生しなくなることもあるので、一度試してみてください。